神奈川県横浜市金沢区にて雨樋の交換をしました

こんにちは、TMKです!
先日は横浜市金沢区の団地にて、雨樋の交換を行いました。

みなさん、雨樋って大事です。

「雨水を排水してくれるもの」というのは、何となくお分かりいただけるかと思いますが、これがないと屋根から滴る雨水は外壁に流れ落ち、外壁の劣化の原因や、跳ね返りの雨水で外壁が汚れてしまうなどといったことが起こります。

だから雨樋に不具合がある場合も、きちんと修繕しておくこと。これが大事です。
何でも早めに対処しておくことが肝心ですね。

さて、雨樋の交換はまず、既存雨樋の腐食確認から始まります。
腐食の程度を確認し、どこまでの交換で済むのか、きちんとチェックします。

腐食部分があれば、雨樋を切断。
必要な部分だけカットし、新しいものと交換していくわけです。

交換後は接合部分の確認です。
スキマが空いたりしていると、そこから雨水が漏れてしまうので、雨樋の意味がありません。
雨樋は適切な場所に、適切に雨水を排水してくれるもの。
その雨樋の役割をしっかり果たしてもらえるよう、施工後の確認も大切です。

最後は雨樋の塗装です。接合部分が目立たぬよう、またそこだけ浮いて見えないように塗装をし、実際に雨が降っている中で雨水の漏れがないかチェックします。
問題なければこれで完了、という流れで、今回の雨樋工事が無事終わりました。

金物工事が得意な当方には、このような雨樋の工事のご相談がくることもあります。
「金物工事」といっても広いですからね。建物には金物が使われることも多いですし。

具体的な仕事は、当方のサイトでチェックしてもらうとして・・・。
今回も無事、完工できてよかったです!


一覧ページに戻る