東京都品川区 公共施設でのグレーチング作業

みなさまこんにちは、船橋市のTMKです。

今回は、東京都品川区の公共施設でグレーチングの作業を行ってきました!

グレーチングとは、道路で見かける鉄が格子状になっているアミアミの蓋のこと。

見たことはあるけど、名前は知らないという方が多いのではないでしょうか。

一般的に道路脇の側溝やU字溝、もしくは歩道や建物の外構周りに使用されています。

最近では、排水性を維持しつつ、ヒールのかかとや自転車等のタイヤが格子の穴にはまりにくいように設計された、細いスリット状の穴が開いているグレーチングも研究も進んでいるそうです。

では、早速作業の様子をご紹介していきます。

まず、蓋をはずして中を清掃していきます。

ゴミや汚れがたまっていないか、ぬめり、べたつきがないか、などを確認していきます。

そのまま放っておくと、悪臭や害虫が発生したりするので、しっかり洗浄していきます。

中の清掃が終われば、グレーチングの蓋置きボルト締めを行います。

最後にキャップして完了です。

キレイになりました!

街中にある側溝の掃除は、1年~2年に1回の頻度で行われているケースが多いです。

公共施設などだけでなく、住宅の外構なども対応しています。

お気軽にご相談ください。

 


一覧ページに戻る